■全記事リスト   ■管理ページ

エリンギ速報ではきのこネタ、きのこたけのこ戦争についてのスレを積極的に載せてきます!

2017年05月 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告 コメント(-)  |  EDIT  |  Top↑  このエントリーをはてなブックマークに追加   

2008.08.19 (Tue)

喪黒福造「さ~て、今日のお客様は・・・・」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 02:33:59.70 ID:Vlrws87F0
さ~て、今日のお客様は・・・・



野原ひろし



ふぉーふぉふぉふぉふぉふぉっふぉ


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 02:34:59.40 ID:c9+U0We7O
どーん!


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 02:35:16.12 ID:8PXd0QgO0
ドキッ!


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 02:38:39.34 ID:Vlrws87F0
俺はしがないサラリーマン。
でもイッチョ前に家庭はあるし、家まで購入済みだ!(でも、ローンが残ってるがな・・・)
愛する妻と、2人の子ども。
これだけでこの人生は最高だぜ!子どもがいる喜びをみんなに分けてやりたいくらいだぜ!

そんな訳で今日も通勤ラッシュの電車にのっているわけだ

ひろし「おっと失礼・・」
?「いえいえ、この満員の状況なら足を踏むのは仕方ありませんよ」
ひろし「はは、すみません」

ひろし「おりまーすおりまーす!!!」

喪黒福造「足を踏まれてしまいましたね・・・ふぉ~ふぉふぉふぉふぉふぉ」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 02:39:05.81 ID:vKJF5Tjk0
懐かしいなコレwktk


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 02:39:32.66 ID:8PXd0QgO0
もぐたんの足踏まれパターンは定石だなww


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 02:46:34.07 ID:Vlrws87F0
ひろし「おい川口ー。この見積書間違ってるぞー」
川口「あっ本当だ!すみません!」
ひろし「気をつけろよ。それ終わったら昼飯いくか。今日みさえが寝坊しちゃってな」
川口「はいぜひ!しんちゃん、元気ですか?最近会ってないから・・」
ひろし「おう元気だよ!しんのすけもお前に会いたいって言ってたぞ。また来いよ」
川口「はい!ありがとうございます!この見積書終わったら声かけますねー」
ひろし「はいよー」
ゆみ「野原係長ー、お電話でーす」
ひろし「はいよー、今日は一段と可愛いねゆみちゃん(声1トーン下げて)」
ゆみ「何いってるんですかー///」
ひろし「はい、変わりました野原です」
喪黒「今日朝満員電車で靴を踏まれたものですが・・・」
ひろし「?・・・・ああ!あの時の・・・・え、でも何でここが?」
喪黒「ふぉふぉふぉふぉ。野原さん、お財布をお持ちですか?」
ひろし「え?さいh・・あっ!!ない!」
喪黒「ふぉふぉふぉふぉ。あの時ドタバタで落とされたのですよ。それを私が拾ったという訳です」
ひろし「ああ!ありがとうございます!!」
喪黒「今夜、魔の巣というBARでお待ちしております」

ツーツーツー

ひろし「なっ!?まあ、いいか。終わったらいってみよう」


川口「先輩ー!終わりましたー。お昼行きましょう」
ひろし「・・・・・」



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 02:50:59.37 ID:5NEIoGJ30
脳内でアニメが再生されてる


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 02:54:57.36 ID:Vlrws87F0
-魔の巣-

ひろし「いやあ、喪黒さん助かりましたよー。この財布がないと何も手につかなくて・・・」
喪黒「ふぉ~ふぉふぉふぉふぉ。そうでしょうな。ところでサラリーマンというお仕事はどのようなお仕事なのですか?」
ひろし「サラリーマンといっても色々ですよ。私なんかは営業が主ですね。この財布の中に大事な名刺が入っていたので本当に助かりました」
喪黒「いえいえ、困った時はお互い様というじゃないですか。野原さん、もしお困りな事がありましたらどうぞココへいらして下さい」
ひろし「え?あっ、はい。ありがとうございます」
喪黒「これが私の名刺です」
ひろし「ココロのスキマ、おうめします?どういう事ですかー?」
喪黒「現代の社会はあらゆるストレスや人間関係のいざこざにより生きるのが辛くなっています。そういった方の為に私のようなものがいるのです」
ひろし「へー。でもココロのスキマをうめてもらえるんだから、さぞお高いんでしょう?」
喪黒「いいえ、お金は一切頂きません。ボランティアですから・・」
ひろし「そうなんですかー。じゃあもし私も困ったことがあったら、その時はよろしくお願いします」
喪黒「はい、お待ちしております・・・」



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 02:57:21.11 ID:fqrPgaE/0
魔の巣のマスター「・・・・」 



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 03:00:03.56 ID:Ey1W94WhO
>>18は評価したい


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 02:59:20.78 ID:Vlrws87F0
次の日

部長「何だね野原君!!これは!!!?こんな企画書が通る訳ないだろう!」
ひろし「・・・すみません」
部長「やり直してくれ!」
ひろし「・・・はい」
川口「先輩ー!昨日のお金返してくださいよー」
ひろし「・・・あっ、ああ・・・・返すよ・ほら」
川口「ありがとうごz・・って先輩何か元気ないですよ?大丈夫ですか?」
ひろし「大丈夫だよ・・・はは」
川口「相談のりますよー」
ひろし「部長には叱られ、みさえには煙たがられ、毎日毎日同じ仕事の繰り返し・・・俺生きてる価値あんのかなぁ」
川口「何いってるんですか!ありますよ!」
ひろし「はは・・・・ありがとう・・・・・」


夕方



ひろし「喪黒さんに相談してみようかな・・・」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 03:04:45.17 ID:Vlrws87F0
喪黒「おおこれはこれは野原さん。あなたはきっと来ると思っていました。」
ひろし「はは・・・・どうも・・」
喪黒「おや、随分落ち込んでいますねえ?どうなされました」
ひろし「いやー、実はねえ・・・・・・・・・・・・・・・」

喪黒「そういう事でしたか・・・だから今日ここへ?」
ひろし「はい、そうです。もう毎日が嫌になります」
喪黒「そうですかそうですか、ではこの薬をさしあげましょう」
ひろし「くすり?」
喪黒「そうです。薬といっても危ないものではありません。ちょっとしたビタミン剤だと思ってもらえれば結構です」
ひろし「はあ・・・」
喪黒「毎朝、これを1粒飲むことによってその日1日分のビタミン、エネルギーなど全てを取り込んでくれる薬です」
ひろし「それはいいですね」
喪黒「でも、1日1粒と必ず守ってくださいね。そうでないととんでもない事になりますよ」
ひろし「はい!分かりました!また明日から頑張れるような気がしてきました!喪黒さんありがとうございました!!」
喪黒「ふぉ~ふぉふぉふぉふぉふぉ」








25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 03:05:44.80 ID:tWz5I9NY0
おい!!!!!!!!


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 03:05:58.45 ID:vKJF5Tjk0
終わりかよwwwwwwww


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 03:08:14.43 ID:XPpfOHph0
なんだそれwwwwww


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 03:09:14.97 ID:tkGvajzaO
えー


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 03:09:16.41 ID:fqrPgaE/0
( ;∀;)イイハナシダナー


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 03:09:44.82 ID:5NEIoGJ30
ちょwwwwwww


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 03:10:48.40 ID:Vlrws87F0
翌日

ひろし「朝飯食べた後この薬を飲んでみるか。どうなる事やら。」
みさえ「しんのすけー、しんちゃーん起きてー」
ひろし「相変わらずしんのすけは起きないなあ・・・それに比べひまわりは何でもう起きてるんだ・・」
ひまわり「ナイナイ」
みさえ「ちょっと、あなたも食べ終わったのならしんのすけ起こすの手伝って!」
ひろし「はいはい、分かりましたよーっと。その前にこの薬を飲もうっと」

ゴクン

ひろし「しんのすけー起きろー!」
しんのすけ「ナナコお姉さ~ん、もっとお」
ひろし「なんちゅう夢みてるんじゃ。じゃあみさえ、行ってくる」
みさえ「あっ、あなたっ!」
ひろし「ん?」
みさえ「あなた最近疲れてるようだけど、私応援してるからね。しんのすけも夜とおちゃんとおちゃん言ってるのよ。」
ひろし「!!!・・・そうだったのかあ」
みさえ「当たり前じゃない。じゃあ今日も頑張ってきてね」
ひろし「みさえ・・・・愛してるぞ。行ってくる!」
みさえ「///」





34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 03:14:26.94 ID:5NEIoGJ30
キタ!

ひろし 行ってらっさい~


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 03:20:17.03 ID:vKJF5Tjk0
wktk
文才すげえな


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 03:23:54.68 ID:Vlrws87F0
ひろし「いよう川口!!今朝もしけた顔してやがんなー」
川口「何ですか先輩!朝から。元気になったようですね!!」
ひろし「まあな、昨日はすまなかったな。今日週末だし、夜飲みいくかー」
川口「あっ、本当ですか!行きましょう!」
ひろし「おう!じゃあ今日も頑張ろうな!」
川口「はい!(やっぱり先輩はカッコいいなぁ)」

部長「野原君!昨日は少し言い過ぎた!君には期待してるんだ。すまなかったな」
ひろし「いえいえ私の方こそ、少し甘えてました。」
部長「それと、あの企画書見て社長が太鼓判押してたぞ!」
ひろし「ありがとうございます!」
部長「ははは。これからも頑張ってくれたまえ!」
ひろし「ハイ!失礼します!」
ひろし(何か今日は良いなあ・・・全部がいい方向に回ってる気がする。あの薬のお陰かなあ・・・・・・って俺何にもしてないじゃん!まだ効果は見えてないようだな。しかし幸先いいぞお)





38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 03:24:51.54 ID:Vlrws87F0


川口「もう1件行きましょう!先輩!」
ひろし「おいおい、それくらいにしとけよー」
川口「先輩ー、あそこのバー可愛い子が入ったんですよ。知らないんですかー、行きましょうよー」
ひろし「じゃあ、そこだけだぞ」
川口「はーい」

女「へえ、ひろしさんってあの会社の係長さんなんんだー。すごーい」
川口「そうだぞ、この人はすごい人なんだぞお」
ひろし「よせよ、川口。」
女「そういえば、あちらに座られている方もさっきひろしさんの会社の話をされてましたよ?何でも契約したいって・・」
ひろし「何?本当か?」
女「え?ええ・・・」
ひろし「ちょっと話しかけてみるか・・・」


ひろし「川口やったぞ!契約がとれた!しかも1億の契約だ!」
川口「それはよかったですねぇ~。僕も先輩の年くらいになったらそれくらいとりますよー。もう飲めましぇ~ん」
ひろし「駄目だな、こいつは。じゃあお姉さんお会計」
女「はいはーい。締めて2千円になりまーす」
ひろし「え?2千?安いなあ」
女「実はひろしさんが開店から10万人目のお客さんなので、特別料金にするようにと、裏で言われまして」
ひろし「へえ、そうなんだー。ラッキー、じゃあ2千円!ありがとっ!」
女「ありがとうございましたー」
ひろし「川口帰るぞ!」
川口「はーい。歩けましぇーん」
ひろし(それにしてもラッキーだったな・・・・ハッ!もしやあの薬のお陰?まあいいや、うまくいったんだ。明日もあの薬飲もう。)



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 03:25:24.79 ID:iTM2kYxXO
懐かしいな!前にも書いた人か?


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 03:31:43.07 ID:Vlrws87F0
翌日

ひろし「昨日はいい事あったし、願掛けの意味も込めてまた喪黒さんから頂いた薬を飲もう」

ゴクン

みさえ「あなたー、会社行くまで少し時間あるわよねえ?」
ひろし「おっ?おぉ・・あるが、どうした?」
みさえ「あのね・・・・・・今夜・・・・///」
ひろし「!!!お前まだ俺をそんな目で見てくれてたのか」
みさえ「コクン」
ひろし「今日は休日出勤だし、多分早く帰れるから・・・・」
みさえ「!!!///」
みさえ「しんちゃーん、起きてー!今日はジャンボチョコビ買ってあげるわよー!!起きてー///」
ひろし「ははは。俺も捨てたもんじゃないな・・・今日も頑張ろう。行ってくるぞー!」
みさえ「あっ、待って!・・・んー」
ひろし「おいおい、それはまずいだろう。しんのすけ起きてくるぞお」
みさえ「・・・」
ひろし「仕方ないなあ。んー」
しんのすけ・ひまわり「んー」
ひろし・みさえ「うわあっ!」
みさえ「ちょっと何なのよ!!?」
ひろし「じゃっ、じゃあ行ってくる」
みさえ「行ってらっしゃい!!!」





43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 03:34:39.73 ID:fqrPgaE/0
シロ「・・・・」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 03:40:31.69 ID:Vlrws87F0
ひろし「今日は休日出勤だし、川口も部長もいない。自分の仕事を片付けるだけか。よし頑張るぞ!」
ゆみ「あのー、私もいるんですけどお・・・」
ひろし「嘘だよ。分かってるよ。ゆみちゃんも早く仕事終わらせて帰りなよ。彼氏と遊びたいでしょう。ってこれセクハラか?」
ゆみ「はははは、野原さーん、セクハラですよー。今日は野原さんが終わるまでまってます・・・///」
ひろし「!?どういう意味だい・・・?」
ゆみ「・・・そんな事言わせないで下さい・・・・・・こういう意味です・・・」
ひろし「おいおい、随分大胆だな。でもゆみちゃん僕には家族があるんだ」
ゆみ「分かってます。でも私、野原さんが欲しいんです」
ひろし「そうか、俺も君を惚れさせてしまった罰として今日だけは君のいいなr・・・・」


プルルルルプルルルル

ひろし「はっ!?寝てしまったのか!会社にいながら。まあこういう日もあるだろ・・・はいはい、今出ますよっと」
ガチャ
ひろし「もしもし」
喪黒「野原さんですか、喪黒です」
ひろし「ああー!!喪黒さん!お久しぶりです!!あの薬最高です!毎日飲んでますが、いい事ばかりですよ」
喪黒「それはよかった!ストックがなくなるといけないので、今夜また魔の巣にいらして下さい。それではお仕事がんばって~。ふぉ~ふぉふぉふぉふぉ」

ガチャ

ひろし「ストックならあと1週間分くらいはあるんだけどなあ、まあいいか、夜いこう!・・・って今夜はみさえと・・・どうする!!?
早く仕事を終わらせて、魔の巣にいって、すぐ自宅に帰ろう!そうすれば、今夜は・・・///(←ヒゲ)」



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 03:43:53.14 ID:Etc/d6xW0
これはwwwwwwwwww


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 03:48:11.77 ID:Vlrws87F0
魔の巣

喪黒「これはこれは。ふぉ~ふぉふぉふぉ」
ひろし「いやあ、喪黒さん、あの薬最高ですよ!!あれからいい事ばっかりで、今朝なんか妻に・・・おっと関係ない話でしたね」
喪黒「いやいや、野原さんの顔をみるとつい私まで元気になっちゃいますよ。それで、これがあの薬です。ストック分ですので、お持ち帰り下さい」
ひろし「いや~、本当にありがとうございます!」
喪黒「お客様の笑顔が何よりの報酬でございます。ふぉふぉふぉふぉ。でも野原さん?」
ひろし「はい」
喪黒「初めに言った通り、この薬は1日1粒ですよ。それ以上飲むと大変な事になりますからね。ドーーーーーーーーーーン!」

ひろし「うわあああああ」


ひろし「帰ったぞー」
しんのすけ「とおちゃんだー。うわっ、クサー。」
ひまわり「クター」
ひろし「ほれほれ匂え匂えー」
しんのすけ・ひまわり「うげええええ」
みさえ「あっ、あなたお帰り///」
ひろし「ただいま///(←ヒゲ)」
ひろし「それじゃ、ひまわり、しんのすけ、とおちゃんと風呂入るかー」
しんのすけ「入るー!」
ひまわり「タイー」
ひろし(こういうのが幸せなんだろうなあ)




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 03:51:42.28 ID:Vlrws87F0
深夜

ひろし「もう12時回ったから、あいつらも寝ただろう」
みさえ「そうね・・・///」
ひろし「じゃあ遠慮なく・・・」


ひろし「はぁはぁ」
みさえ「・・・ん・」

ひろし(久しぶりだから、すごいな・・・あっ!そうだ。もう12時回ってるし、あの薬飲んでみよう。もっと凄い事出来るかもしれない・・・)
ひろし「みさえ、ちょっと待ってろ!」
みさえ「え!!?」

ひろし「よし、飲もう!」

ゴクン



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 03:59:59.08 ID:a6Wtufvl0
クライマックスで追いついちまったようだ


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 04:01:28.75 ID:Vlrws87F0
ひろし「お待たせ!」
みさえ「も~う。早くぅ」
ひろし「おう・・・・」

みさえ「あ・・・んんん・・」
ひろし(あー、すごいな、やっぱり。喪黒さんが言ってたようにビタミンとかエネルギーとかすごいんだろうな。自分の体じゃないみたいだ)
みさえ「ああああ・・・・・・」
ひろし「そんなに声出したら、子ども達に聞こえちゃうぞー」
みさえ「あなたが凄いからよ//」


ひろし「じゃあ、そろそろ・・・・・」
みさえ「うん」
ひろし「はぁはぁはぁは・・・・・・うっ」
みさえ「きゃ」


ひろし(いやあ、さすがに久しぶりは凄かったぜ・・・)
ひろし「みさえ」
みさえ「・・・なに?はぁはぁ」
ひろし「愛してるぞ」
みさえ「うん////」






60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/18(月) 04:03:57.09 ID:Vlrws87F0
翌朝

ひろし「さあて今日も、仕事頑張るかー!朝食も食べたし、あの薬を飲んでっと・・」

ゴクン

ひろし「よ~し、今日もがんb・・・あっ!1日1粒しか飲んじゃだめだったんだ。深夜にアレで飲んだから、今飲んだので2粒目・・どうしよう。大丈夫かな・・」
みさえ「あなた・・・」
ひろし「どうした?」
みさえ「・・・・・」
ひろし「だまってちゃ。分からないだろ・・」
みさえ「・・・・・・・・・・・・あのね・・・」
ひろし「おう」
みさえ「出来ちゃったみたい・・・・・・・」
ひろし「え?子どもが!!!?それは良かったじゃないか!!!!3人目かあー・・・・・・ってちょっと待て・・・・
昨日の今日で、すぐ子どもって出来るもんなのか?いや、まず出来ないよな。でも俺とお前は、1年半以上・・・して・・・・なかっ・・た・・・・・・・・・・・・・・・・って事は・・・」




喪黒「人の愛というものは簡単に裏切られてしまうものなのです。ましてや女性の方の愛なんて、信じた時点で男性の負けです。
おーっと、これ以上言うと、フェミニストの方々から怒られてしまう。お~恐い恐い。ふぉ~ふぉふぉふぉふぉふぉ」





関連記事
04:15  |  SS・読み物  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑  このエントリーをはてなブックマークに追加   

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。